好きなモノを好きと言うために。

 最近「自分の好きな物事を説明するために、別のものをおとしめる必要はない」ということに気をつけて生活しています。

 人に何かを薦める際に他のものと比較してどこそこがもっと良いと話しがちだと気づきました。ですが比較して下げたその対象が相手にとって何物にも代えがたいかもしれません。その場合、私の話し方はいわゆる地雷を踏むことになります。先日うっかり踏んでしまったわけですが、ふと、何かと比較せずとも自分の好きな物を好きだと言えるのだから、だったらそうしようと思い至ったわけです。

 しかし、癖というものを取り除くのは難しく、ときおり比較して話してしまうのです。昨日の自分を、竹を割ったように切り離すことは難しいのですが、徐々にその割合を変えていければいいと気持ちを取り直し、徐々に取り組んでいます。

 話は変わって、最近物欲が増してきてスーツケースについていろいろ調べています。特に、現在ほとんどの高級ブランドが4輪のみのラインナップになっているのがなぜなのか気になっています。