iPhone 12 mini に「貼るレザーケース」をDIYした話


はじめに

iPhone 12 mini が発表されて一目惚れ。発売日当日に入手しました。

これまで不満無く使っていた、iPhone 11 Pro が鉄下駄のように重く感じられ、「軽いは正義!小さいは正義!」と鼻息荒く iPhone 12 mini を周囲に薦めています。

そんなお気に入りの iPhone 12 mini ですが、机などに置く際には、iPhone 6 から脈々と続くカメラの出っ張りによるガタつきを煩わしく感じています。
スマホカバーをつければ良いわけですが、せっかく軽くて小さい端末なので、カバーも極力薄く、そして軽くしたいのです。
ですが、そういった薄さや軽さを売りにしたカバーはカメラの出っ張りに沿ってカバーも出っ張っており、私の悩みを解決してくれません。

裏面をカメラレンズの嵩の分だけ上底したいのです。

このニーズを満足してくれる、iPhoneに両面テープで貼りつけるレザーシート型のケースが市場に出回るのですが、この類の商品はたいてい以下の問題を抱えています。

  • 需要と供給、そして原価率の観点から、割高な価格設定
  • iPhone が発売されて間もない時期には販売されない (需要が他のケースより少ないためか?)
  • 革の選択肢が少ない・気に入らない
  • (ダサい) 製品ロゴやブランド名が刻印してある

今のところ気に入ったレザーシート型のケースは見当たりません。

では、いつもの通り、「無いのなら作ってしまおう」 の精神で臨みましょう。iPhone 用の「貼るレザーケース」工作のご紹介です。


材料・道具


色々と写し忘れました😅

レザーは、東急ハンズやユザワヤなどの手芸店、オンラインショップで調達されるのが良いでしょう。

今回、使用した革は「バケッタ800」です。フランス産原皮を用いたフルベジタブルなめしで、非常に質が良い牛革です。
高級革ですが、ハギレなら数百円で調達できます。

また、随分前に、iPhone 7 にも貼りつけるレザーシートを DIY したのですが、その時はカッターナイフで全て裁断しました。カッティグにたいへん難儀しました。

ですので、今回は新たに、レザーの専用工具として「別たち (Amazon)」「円形ポンチ (Amazon)」を用意しました。
どちらも値段以上の道具です。効率と出来栄えが、数段グレードアップします。

特に、iPhone 12 mini の寸法図 (デザインガイドライン) を見ても、飛び出ている台座の角のRが不明だったため、セットのポンチを購入しました。
何種類かの円形ポンチを組み合わせて、現物合わせでくり抜けばいいと考えていましたが、1種類のポンチがドンピシャで合いました。どうやら台座の角の円はほぼ真円のようです。
刃物にしては安価でしたから、切れ味はあまり期待していませんでしたが、十分な働きをしてくれました。オススメです。


工作手順

1. iPhone の外枠のサイズより少し大きめに、長方形に切る

このとき、「カメラの付いてる側の2辺の角は正確に直角を出しておくこと」が重要です。

2. 台座の形状に穴を空ける箇所に、裏からマスキングテープを貼り、筆記用具で印をつける

前述のとおり直角を出しておくことで正確に寸法を測って印をつけられます。

3. 円形ポンチでカメラ台座の四隅をくり抜く


4. ポンチでは切り落とせなかった、カメラ台座の四辺をカッターや別立ちで切り落とす

5. 革全面に両面テープを貼り付ける

両面テープは下記の製品を並べて貼り付けました。

ニチバン 両面テープ ナイスタック 強力タイプ 15mm 18m NW-K15 (Amazon)

6. iPhone に革を貼り付ける

7. 別たちで、iPhone の外枠の四辺に沿うように革を切り落とす


実際の作業中の写真を撮り忘れたので、別の革を使ったイメージ画像です。こんな感じでザクザクと切り落とします。外枠の丸い角は数回に分けて徐々にカットしていけば OK です。

8. 裁断した革の縁を、こするなどして滑らかにする

9. 完成!



終わりに

いかがでしたでしょうか?
iPhone 用の「貼るレザーケース」工作のご紹介は以上となります。

iPhone を置くたびに感じていた、煩わしさが消えました。また、iPhone 12 シリーズはフチのエッジ具合が気になる人もいるようですが、革を貼ったことによってエッジが柔らかくなり、握りやすさも改善しました。

MagSafe については検証中です。
磁石が埋め込まれた MagSafe 対応の財布などが取り付けられることは確認しました。
また、MagSafe「ではない」無線給電が可能なことも確認しました。
ですが、純正のMagSafe充電ケーブルが手元に無いため、その動作は未確認です。推測ですが、充電は機能するし磁石も付くとは思いますが、磁石の吸い付き具合はとても弱いと思います。

最後に、色々な角度から見てみましょう。

それでは、みなさんの iPhone ライフに幸あれ!